私たちは1977年から障がい者が自由に地域で生きるための運動を行ってきました。いくら役所に要望書を書いても限界があることを知り、全国のみなさまから書き損じはがきやご寄付をいただき、ボランティアやマスコミなどの応援を受け、障がいのある人たちが施設ではなく、介助体制さえあれば地域で暮らしても危険がないのだということを社会に訴えました。

たとえば、どこにでも障がい者用トイレやエレベーターを設置するよう要請したり、家族がケアをできなくても生きていけるためのヘルパー制度を強く訴えてきました。理屈ではなく、障がい者が夢を持ち、自由に生活している姿を見て理解してもらうことが大切なのだということを学びました。

んなに重い障がいのある人にでも「あなたの夢や希望は正しい」と伝えることは、札幌いちご会の仕事だと思います。

どんなことでも良いので声をかけてください。福祉に携わっている方やご家族からのご相談もお受けしています。これからの皆さんのご意見が、新しい世界を開きます。一緒にコーヒーを飲みながらたくさんお話をしましょう。

いちご会は「いま現実に見えるもの」ではなく、障がいのある人たちの夢や想像することを実現していきたいと考えています。ご協力お願いいたします。一緒に活動してくださる仲間もお待ちしています。

定款

定款(2021年8月更新)

2021年度 総会資料

年表

2017年

5月 札幌市議会事務局に陳情書を訪問

6月 京都自立生活センター訪問

8月 講演会と座談会「中途障がい者と生まれつき障がい者はどう違うのか」小林博子氏(介護ラボ代表)

9月 第四回札幌市介護時間支給決定の改善を求める会議r

11月 札幌市役所前にて24時間支給を求めて座り込み
   講演会「ヘルパーさんが障がい者に虐待を受けている!?障がい者の部屋の中で今なにが起こっているのか」渡部琢氏(日本自立生活センター)

12月 講演と相談会「重度障碍者が語る楽しきかなわが人生」 永島勝章氏(共同事業所もじや勤務)

1月 講演・映画上映会「みんなの学校」 木村康子氏(大阪市立大空小学校 元校長)

2018年

7月 講演会「音のない世界でどう芸術文化を楽しむか」 廣川麻子氏(NPO法人 TA-net理事長)

9月 講演会「心はじけたアメリカ~当たり前のガマンはもういらない」登り口倫子氏(社会福祉法人あむ 相談室ぽぽ相談員)

   厚生労働省への交渉に参加(主催:全国公的介護保障要求者組合)

11月 講演会「映画『こんな夜更けにバナナかよ~愛しき実話~』はどのようにしてつくられたのか?」前田哲氏(映画監督・脚本家)

12月 札幌秋元市長と散歩路市役所にて対談(介助者の時間数と職場介助者について)

1月 第四回「重度障害者に必要な在宅介護の在り方検討会」出席(札幌市役所)

2月 第五回「重度障害者に必要な在宅介護の在り方検討会」出席(教育文化会館)

11月 講演会「災害が起きたら私たちはどう生き抜くか」東俊裕氏(被災地障害者センターくまもと事務局長)