いに語り合い、地域での心地良い生活をお手伝いします

居宅・介護事業「ヘルパーステーションいちご」は、障がい当事者たちの「どんな重い障がいがあっても地域で暮らしたい」という思いを実現するために、2016年に開所されました。1977年以来、札幌や北海道の障がい者の人権拡大を訴えてきたNPO法人札幌いちご会が母体となり、自立生活を行う当事者の声を中心としたケアをめざします。

主な事業

  • 障害者総合支援法における居宅介護、重度訪問介護
  • 介護保険法における訪問介護及び介護予防訪問介護
  • 当事者によるケアに関する相談(NPO法人いちご会と連動)

あなたもヘルパーとして
障がい者の生活を支えてみませんか?

安心して
働ける

✔ 資格手当
✔ 夜勤手当
✔ 車両手当
✔ 各種保険制度
✔ 賞与年3回
✔ 退職金制度

感染症対策

● 基本防護品支給
※マスク、手袋、消毒液
● 定期的な検査
● 危険手当

無理せず
続けられる

社員
● 月平均160時間
● 夜勤は2回〜4回
● 休日は月9~10日程度
● 希望休優先のシフト制
● 育児休業実績あり
● 勤務地: 札幌市西区
 ※手稲区・北区もあります
● 公共交通機関利用可
● 介護職員初任者研修以上
(旧ヘルパー2級)
 ※資格取得制度あり

あなたらしく
働ける

パート
● 時給1200~1700円
 ※別途交通費規定支給、研修時は北海道の最低賃金に準ずる
● 勤務地: 札幌市西区、
手稲区・北区・中央区
● シフト制
 ※週1日以上、1日2.5時間以上
● 介護職員初任者研修修了・旧ヘルパー2級以上  ※資格取得制度あり、未経験やブランクのある方でも大歓迎
● 基準により雇用保険、社会保険等適用・諸手当有 正社員への採用有・資格取得支援制度有・交通費規定支給・有給休暇有

ケアをする人たちは、自分は何が得意なのかを真剣に考え、それを自信につなげていく。なにか得意なものがあると、そのケアの中からうずまきのように技術が広がっていきます。

ケアを受ける人も他人まかせではなく、自分のしてほしいことを的確に伝えられるよう一緒に学びたい。

障がい者がケアする人を信頼でき、
ケアする人も障がい者を信頼できる。
時間をかけて、そんな小さな事業所を作り、あたたかな手を見つけていきたい。

小山内 美智子
(2016年8月 ヘルパーステーションいちご設立によせて)