理事長小山内美智子。障がいがあっても地域で自立生活をし、ケアを受けながら働くことを望みます。私たちはケアを受けるプロです。恋愛、結婚、出産、性について語り合いましょう。

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

自立生活センター NPO法人札幌いちご会

お電話でのお問い合わせ 011-676-0733

北海道札幌市西区西町南18-2-1 稲嶺ビル1階 

本文のエリアです。

いちご会の歴史

札幌いちご会の歴史

 

1977年1月15日 札幌いちご会結成。東京大学西村秀夫先生が1と5を文字っていちご会と命名。
(「みんなで道立福祉村への希望を語り合う会」として小山内美智子、澤口(旧姓長峰)京子が中心となり集まる。)
道立福祉村への個室要求。
いちご通信発行開始。

札幌いちご会の生みの親、
西村秀夫先生

8月 民間アパートを借りて、女性障がい者4名(小山内、澤口(旧姓長峰)、大高、伊藤)が4日間の第1回合宿を行う。
現在のいちご会理念「自分で買って、自分で作って、自分で食べた」が生まれる。
1978年3月 一軒家を借りて1か月の実験合宿生活
小山内、澤口(旧姓長峰)、林を中心に数名参加。

1か月の合宿生活

9月 1カ月の合宿の記録『自立をみつけた』いちご会出版。
小山内、東京にて東京青い芝の会メンバーと交流。
STV(札幌テレビ放送)「サンデー九」出演
12月 茶木豊子の呼びかけにより、療護施設グリンハイムでいちご会会議を実施。
1979年 事務局体制をとり、初めて会計報告を行なう。

初めてのスウェーデン旅

6月 道立福祉村開村、個室化実現。いちご会メンバーは入村せず、地域での生活を選択。
7月 澤口京子、ボランティア男性と結婚。
8月 スウェーデン研修旅行のカンパ活動を行ない、小山内、米村哲朗、河村圭伊子(介助者)の3名で旅行を実現(8/10~31)
9月 茶木、土井正三、第4回車いす市民全国集会(東京)に参加。
11月 札幌市にケア付き住宅建設を要求。
1980年  9月 3人の障がい者(小山内、土井、池田源市)がアパート「みちハウス」にて自立実験生活を始める。
1981年 運営委員会形式にする。(隔週開催)

スェーデンの障がい者団体を招きケア制度を学んだ

1月 『心の足を大地につけて』出版。
4月 『みっちのトッコラ旅』(ふきのとう文庫)出版。
6月 『足指でつづったスウェーデン日記』(朝日新聞社)出版。
11月 スウェーデンRBUの障がい者オーサら6人を北海道に招待、交流。
北海道に、道立美術館の障がい者無料化を要求し、実現。
1982年 道営住宅にハーフメイド方式を提案、採用。続いて札幌市も採用。
5月 『君と同じ、ただハンディがあるだけ』出版。

5月

札幌いちご会の運動により、札幌市営地下鉄白石駅、琴似駅に初めてエレベーターが設置される。
9月 映画『みちことオーサ』完成、各地で上映会。
土井、池田、みちハウスを出てアパート生活を開始。
佐藤正尋、施設を出て、みちハウスに入居。
1983年 鹿野靖明、施設を出て自立生活。札幌いちご会の会計を担当する。
5月 米村が中心となり、小規模作業所「自立塾」を開所。
6月 ボストンCIL所長エド・ロング氏講演会を全道7か所で開催。
11月 小山内、日米障がい者自立セミナーⅡ(東京)でパネリストとして参加。
1984年7月 小山内美智子、ボランティア男性と結婚。
講演会「スウェーデンの福祉とは」を開催。
札幌市にホームヘルパーの派遣方法について要求。
1985年5月 小山内、長男出産。
自立塾、古本屋「心修堂」を開店。
初めて障がいのない専従職員を1名おく。

大地は重いよ~

8月 講演会「21世紀のケアサービスと住宅」を開催(赤塚光子、野村歓先生を招いて)
札幌市に他人介護加算、ヘルパー派遣、母子加算について要求。
1986年 専従職員2名に。
定期的資金援助の呼びかけを開始(個人月額2千円、団体は月額3千円)
茶木、福祉村を退村し、自立生活開始。
3月 「自立生活基金」設立。
6月 10周年記念誌『自立生活エトセトラ』出版。
9月 小山内、DPI女性会議に参加。
米村、道障がい者国際交流派遣団(アメリカ、カナダ)に参加。
11月 黒柳徹子チャリティーコンサート「徹子のオニオンステージ」を開催。
1987年 専従職員8名(うち障がい者6名)

糸井重里さんと篠山紀信作
テレカ

3月 運営資金集めのために書き損じハガキ募集を始める。
5月 オリジナル・テレホンカード製作(コピー糸井重里氏、写真篠山紀信氏)
1988年9月 小山内著『車椅子からウィンク』(文藝春秋社)出版。
1989年3月

独立した事務所を確保する。(札幌市白石区)
地域介助サービス開始。(その後、制度化されたため終了)

5月 『車椅子からウィンク』がテレビドラマに。
第1回ピアカウンセリング集中講座を開催。(以後ほぼ毎年全道各地で開催)
12月 24時間テレビ(日本テレビ)からリフト付きバスを寄贈される。
1990年 自立生活サービス事業として移送サービス、相談事業開始。(その後、移送サービスは制度化されたため終了、相談事業はアンビシャスへ移行)
7月 「街で生きるぞ」デモ行進を主催。
11月 米村哲朗、逝去。
札幌市に全身性障がい者介護人派遣事業の陳情書を北海道難病連と連名で市議会に提出。市、試行事業開始。(91年度より制度化される)
1991年 事務所近くのマンションを借り、自立生活体験室事業を開始。(現在アンビシャスへ移行)
3月 『「自立生活センター」設立への道すじ―札幌いちご会実践の検証』(障害者自立生活問題研究会)出版。
1992年 「ノーマライゼーションタウン構想」を発表、社会福祉法人化に向けて準備、視察を始める。
評論家木元教子氏を招き、15周年記念講演会を開催。
1月 15周年記念誌『しなやかな自立へのプロローグ』出版。
オリジナルバンダナ製作、販売。
1993年9月 『やけ酒は一本の缶ビール』出版。
10月 第5回自立生活問題研究全国集会(札幌)に主催者として事務局を担当。
澤口、ピープルファースト国際会議(カナダ)に参加。
1994年 社会福祉法人設立準備委員会発足。

浩子さん来札。
小山内、澤口と3人で

4月 小山内、『痛みの中からみつけた幸せ』(ぶどう社)出版。
北海道主催の「障害者福祉計画」懇話会に出席。
10月 伊江島「土の宿」を訪れ、木村浩子さんと再会。
12月 評論家樋口恵子氏を招き、講演会「高齢者、障害者が安心して暮らせる街づくり」を開催。
1995年 自立生活プログラムを中心とした小規模作業所「フルハウス」開所。(現在アンビシャスへ移行し、医療ケアの必要な重度障がい者の生活介護事業所に)

笑顔でピアカウンセリングをする茶木さん

4月 小山内、『車椅子で夜明けのコーヒー』(文藝春秋社)出版。
8月 講演会「障害者の生と性、そして自立」を主催。
澤口他5名で電動車いすキャラバン(留萌~稚内~剣淵~旭川)を実施。
体験室を利用し、ホームヘルパー養成講座を開催。小山内、澤口、実技アドバイザーとして参加。
1996年1月 小山内、『車椅子スウェーデン母子(おやこ)旅』(北海道新聞社)出版。
ニューヨーク大学制作ビデオ「愛したい愛されたい」ビデオを翻訳販売。
5月 茶木豊子、逝去。ジェームスディーンを愛し、生きる努力をした女性だった。
1997年3月 小山内、『あなたは私の手になれますか』(中央法規)出版。
5月 小山内、客員講師として県立宮城大学で講義。
6月 NHKの北海道スペシャルで「あなたは私の手になれますか~小山内美智子のメッセージ」放映。
1999年

社会福祉法人アンビシャス設立。

理事長・澤口京子、総合施設長・小山内美智子。

2000年5月 社会福祉法人アンビシャス、オープン。札幌いちご会は任意団体として継続。
2001年5月 小山内、ソウルの韓国障害人移動奉仕隊全国協議会に招かれ講演。
2002年4月 小山内、澤口、韓国版『あなたは私の手になれますか』出版記念のため韓国へ。

アンビシャスにて韓国障がい者招待

5月 韓国の障がい者28人を招いてアンビシャスで研修。
6月 『あなたは私の手になれますか』韓国で出版。
10月 『素肌で語り合いましょう』(エンパワメント研究所)出版。
2007年1月 札幌いちご会30周年記念パーティ―開催。女優、高橋恵子さんが小山内の新刊を朗読。
6月 小山内、『私の手になってくれたあなたへ』(中央法規)出版。
2008年 小山内、悪性リンパ腫で入院。(2015年完治)
2009年7月 小山内、『私、生きるからね』(岩波書店)出版。
2011年7月 NHKヒューマンドキュメンタリー「あなたが私の道しるべ~小山内美智子と浅野史郎」放映。
9月 小山内、ニューヨーク視察旅行。コロンビア大学にてジム・マンディバーグ教授と精神障がい者の就労について話し合う。(9/9~18)
2012年3月 JICAの視察団がアンビシャスを訪問した縁で小山内、カザフスタンのコスタナイ、アルマトイの自立生活センターにて講演。(3/30~4/14)

カザフスタンの女性リーダーたちと

2014年7月 小山内、社会福祉法人アンビシャスの総合施設長退任。
澤口、アンビシャス総合施設長兼任。
11月 小山内、木村浩子さんに招かれ、NPO法人まなびやー設立記念講演へ。(沖縄)
2015年4月 澤口、社会福祉法人アンビシャス理事長、総合施設長退任。
2015年4月 NPO法人札幌いちご会設立総会開催。
5月 小山内、東京大学「障がい者のリアルにせまるゼミ」にて福島智教授、熊谷晋一郎准教授とともに「障がい者と性」について講義。
8月19日 札幌いちご会NPO法人設立。
10月 NPO法人札幌いちご会記念講演「自分の力で生きる」開催。講師竹田保氏。

 

ページトップへ