理事長小山内美智子。障がいがあっても地域で自立生活をし、ケアを受けながら働くことを望みます。私たちはケアを受けるプロです。恋愛、結婚、出産、性について語り合いましょう。

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

自立生活センター NPO法人札幌いちご会

お電話でのお問い合わせ 011-676-0733

北海道札幌市西区西町南18-2-1 稲嶺ビル1階 

本文のエリアです。

お知らせ

座り込みをした理由

 2017年11月1日、札幌市役所前にて座り込みをおこないました。

 ヘルパー不足は日本中で深刻な問題であり、弱者が生きていけない環境になってきています。障がい者施設や老人ホームなどでは、虐待事件が多く報道されています。介助する側とされる側が、心に余裕がないのだと思います。困ったねと陰で言ってもなんの解決にもなりません。

 ケアを受ける側として、札幌市民に「ヘルパー不足はあなたたちの問題でもあるのですよ」ということを訴えました。来年、雪が溶けた頃にまたなにか、人通りの多いところでヘルパー不足を呼びかける運動をしなければいけないと思っています。

 社会全体が労働者不足なので、これから5年・10年経っていくとどんな社会になっていくのか、恐怖感さえあります。今健康な人もヘルパーさんの世話になる時が来るのかもしれません。そのことについて、自分自身が障害をもったらどう生きるかを想像してみてください。

ページトップへ