理事長小山内美智子。障がいがあっても地域で自立生活をし、ケアを受けながら働くことを望みます。私たちはケアを受けるプロです。恋愛、結婚、出産、性について語り合いましょう。

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

自立生活センター NPO法人札幌いちご会

お電話でのお問い合わせ 011-676-0733

北海道札幌市西区西町南18-2-1 稲嶺ビル1階 

本文のエリアです。

お知らせ

9月14日 講演会「日本の公的介護保障はこうして出来上がった」

講演会「日本の公的介護保障はこうして出来上がった」チラシ(PDF)

講演会「日本の公的介護保障はこうして出来上がった」参加申込書(PDF)

 

講演会 「日本の公的介護保障はこうして出来上がった」

日時: 2019年9月14日(土) 14:00~16:00 (開場受付13:30~) 

場所: 札幌市生涯学習センターちえりあ 2階 大研修室

講師: 山下 正知 さん

 (社会福祉法人全国盲ろう者協会常務理事・日本障害フォーラム代表者会議構成員)

 

重い障がいのある人の在宅生活を支える「重度訪問介護サービス」。

それを含む公的な介護サービスは、どのようにしてつくられたのでしょうか。

 

講師としてお迎えする山下正知さんは、1994年頃から東京都の障がい福祉部に勤務されていた時、

東京都内の障がい当事者活動家やその団体と、時に激しく対立し時に一緒に考えながら、

今の重度訪問介護サービスにつながる「全身性重度障害者介護人派遣制度」が施行されていく過程に

直接携わられた方です。

現在国会議員として活躍されている木村英子さんをはじめとした障がい当事者の方々と、一緒に考え

話し合いながら、ヘルパー制度をより良いものにしていった方です。それが全国に広がっていったのです。

とても貴重なお話をしてくださるので、ぜひいらしてください。

ページトップへ