理事長小山内美智子。障がいがあっても地域で自立生活をし、ケアを受けながら働くことを望みます。私たちはケアを受けるプロです。恋愛、結婚、出産、性について語り合いましょう。

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

自立生活センター NPO法人札幌いちご会

お電話でのお問い合わせ 011-676-0733

北海道札幌市西区西町南18-2-1 稲嶺ビル1階 

本文のエリアです。

お知らせ

【講演会】10/30 (土)「私たちはなぜ殺されるのか?」 講師: 上東 麻子(毎日新聞記者)

10/30 (土)「私たちはなぜ殺されるのか?」

講師: 上東 麻子(毎日新聞記者)

2016年、神奈川県相模原市の障がい者施設、津久井やまゆり園で障がい者19名を含む計45名が元職員によって殺傷された。にわかには信じられない事件であるが、このようなことは見渡せばたくさん起きている。親から子へ、高齢者施設…ケアの担い手たちは殺伐とした環境の中で働き、人権侵害は日常的に繰り返されている。

障がい者、とりわけ話せない人々の歴史は隠されてきた。私たちは、ずっとわかっていた。しかし、自分の本当の希望を訴えれば、介助者からケアの手抜きや虐待を受けるかもしれない。この状態をどう食い止めるか。相模原事件を語り継ぎ明かさなければ、同じようなことが起きてしまう。植松死刑囚を処したところでなにも解決はしない。施設の障がい者の本音を聞く具体的な方法を、考えなければいけない。

上東記者には、事件を取材し続けて、その中で何が見えたのかをぜひお聞きしたい。質疑応答も行うので、ぜひご参加ください。

ぜひ施設に住む人や職員、介助者も参加し、今感じていることを振り返りながら、障がい者と対等になるにはどうすればいいのかを考えてほしい。

〈講師プロフィール〉
毎日新聞記者。東京都出身。早稲田大学第一文学部卒業、1996年毎日新聞社入社。障害福祉、精神医療、性暴力などを取材。キャンペーン報道「旧優生保護法を問う」取材班で2018年度新聞協会賞。連載「やまゆり園事件は終わったか?~福祉を問う」で2020年貧困ジャーナリズム賞。共著に「強制不妊」(毎日新聞出版)、「ルポ『命の選別』誰が弱者を切り捨てるのか?」(文藝春秋)。

 

<開催概要>

●日時:2021年10月30日(土) 14時~16時

●参加費:無料
※どなたでもご参加いただけます。

※手話通訳と可能な限り字幕を付けます。
※詳しい参加方法は、お申し込みいただいた方に開催日2日前までにご案内いたします。

●開催方法:オンライン(zoomを予定) または 札幌クリスチャンセンター Iホール 〒060-0807 北海道札幌市北区北7条西6丁目
感染症の状況に応じて、上東さんを札幌にお招きする予定です(2021年6月現在)。会場ではマスクの着用および検温、連絡先記入などへのご協力をお願いいたします。
札幌会場での講演に参加される方はフォームにその旨をご記入ください。

※オンライン参加にあたり、接続等に不安のある方は札幌いちご会事務局までご相談ください。接続マニュアルの送付など、ご参加のためのサポートをいたします。また、機材やインターネット環境に不安のある方は、札幌いちご会事務局でオンライン講座にご参加いただくことも可能です。

●定員:100名(先着順)
 

<お申込み方法>

下記お申し込みフォーム、またはNPO法人札幌いちご会事務局までメール、ファックス、電話で受け付けております。

https://forms.gle/VaXMCfbwLgS4ZKkf6

●申込最終締切:10月27日(水) 16:00
※その後のお申し込みについては、リンク送付が開始直前、あるいは開始に間に合わない可能性がありますことをご了承ください。
 

<後援・協力>

一般社団法人北海道身体障碍者福祉協会、公益社団法人札幌聴覚障害者協会

 

<お申込・お問い合わせ>

特定非営利活動法人 NPO法人札幌いちご会

〒063-0062 札幌市西区西町南18 2-1
TEL.011-676-0733 FAX.011-676-0734
E-mail: info@sapporo-ichigokai.jp

http://sapporo-ichigokai.jp

 

 

 

ページトップへ