ナビゲーションメニューへ

焼き肉

    最近、脳と心にエネルギーを与えようと思い、色々なところへ行っている。10月13日は、札幌市長である秋元さんの話を聞きに行った。福祉関係者がたくさん来ていたが、一般企業の方の姿はあまりなく、(福祉には厚い壁があるのだな)と感じていた。私は「福祉」という壁を取り払って、誰でもちょっとしたことで障がい者や高齢者の手助けをしてくれる社会にしたいなと思っているが、夢物語でしょうか?

    秋元市長には「障害の重い人達は、公務員の試験を受ける資格がなく働けないでいます。ヘルパーを職場につけ、一般の会社でも働けるようにしてください。障害の重い人達が仕事をやっている姿を、一般の人が見たときに(あのようにして働くことができるのだな)ということが目で理解できて、(ヘルパーをやってみようかな)という考えが浮かぶ人も出てくるのではないでしょうか?」というようなことを伝えた。市長さんは、「小山内さんのおっしゃることは良いことですね。考えていきたいと思います」と答えてくださった。これからゆっくりと、「どんなに障害の重い人でも働けるのだ」ということを、市長さんと語り合わなければいけないと思った。来年は選挙があるので、重要な時期である。 >>続きを読む

輝く瞳

今日は秋晴れです。紅葉が風に揺れてまぶしく見えます。

午前中は、北海道大学の作業療法学科にて講義をしてきました。久しぶりに若い人達がたくさんいて、輝いた瞳を見ると、話したいことが次々とわいてきました。やはり講演会は、語りたい相手が座っていたなら心が動くのだなということがわかりました。私は40歳若返って、若く美しい女子大生やハンサムな男子学生さんを口説いて、介助者にしたいなと思いました。しかしヘルパーの資格をとらなければ、ケアの時給をあげられないので残念です。でも10年くらい前までは看護学生さんを口説きヘルパーをおこなっていただいていたので、作業療法士さんもヘルパーをやり障がい者達と触れあいながら、生活しやすい物を工夫して作ることが、いちばん良いのではないかと思いました。明後日までに感想文を書いてくださるというので、おもしろいものがあったなら、載せさせていただきます。 >>続きを読む

壊れる

    ブログのセリフが何度も頭に浮かぶけれど、忙しくて書く暇がありません。秘書の手が4本か6本欲しいなと思うときもあります。いちご会は小さな会ですが、やることが派手なのです。スタッフの人達を困らせています。大変申し訳なく思っています。

    ところで、私の家の電化製品が次々と壊れて、参っています。IHコンロ・電話・電子レンジ・ウォシュレット・・・、リビングにあるテレビも縦線が入り怪しくなりました。同じ歳の友達も「電化製品が壊れてきている」と言うので、長く生きているとそのようなサイクルがあるのだと思います。貯金通帳を見ると、ちょっとため息がでますが、それを買うことができる私は幸福だなと思います。我慢するものは我慢しなければいけませんが、生活を楽にしたいのであまり我慢はしないことにしました。トイレで使う台も作っていただき、壁にあった諸々の物を取っていただいたおかげで、便座にまっすぐ座っていられるようになりました。トイレの台を考えてくださった3人の男性たちに、感謝します。 >>続きを読む

心に何度も突き刺さったナイフ

  

    9月24~25日にかけて、東京出張に行ってきました。目的は、東京都福祉局に勤めていた山下正知さんの講演会を聞くことと、次の日の厚労省との話し合いに参加することでした。山下さんは、日本においての介護時間がどのように増えていったかということや、障がい者の人たちとどのように付き合っていき理解しあっていったか、というお話をしてくださいました。(本当にこの人は障がい者のために戦った人なんだ。上の人との板挟みにあい辛い時もあったんだろうな)と強く感じました。

    出張のきっかけは、「くみあい」という障がい者団体の会報を見て、心が惹きつけられたからでした。その会報は、すべてのページが厚労省への要望書でした。それを読み、札幌いちご会の遠い昔のことを思い出し、(会報というものは本当はこうでなければいけないのだな)と私の心は燃えました。様々な障がい者の気持ちを美しく原稿に表現することも大切ですが、障がい者たちが実際に生活しているときの困りごとをかき集めて、要望書にしていくのが、障がい者たちにとって最も重要な仕事ではないかと、改めて考えさせられました。 >>続きを読む

講演会「映画『こんな夜更けにバナナかよ』は、どのようにして作られたのか?」

 

講演会「大泉洋主演映画『こんな夜更けにバナナかよ』は、どのようにして作られたのか?」ポスター 

講演会「大泉洋主演映画『こんな夜更けにバナナかよ』は、どのようにして作られたのか?」参加申込書

 

2018年11月11日(日)に、札幌市西区民センター3階の区民ホールにて、

大泉洋さん主演の映画『こんな夜更けにバナナかよ ~愛しき実話~』の監督である前田哲さんをお呼びし、講演会をおこないます!!

  >>続きを読む

真っ青な空に白い月

 地震が終わり、静けさが戻るかなと期待していました。少しの間、忙しすぎました。私の家には一日4人のヘルパーさんが来るので、4人の人が地震の話をします。疲れて帰ってきたとき、ヘルパーさんが「地震が怖かったね」と話そうとしたとき、私はカッときて「もう地震のことはやめて、黙ってて!」と言ってしまいました。ヘルパーさんはびっくりして、息を止めるような顔をしていました。(言わなきゃ良かったかな)と思いましたが、あのときはたぶん私の精神状態が少しまいっていたのだと思います。それからヘルパーさんと私は、黙ってご飯を食べて、お風呂に入れていただき、ストレッチ体操をしていただき、寝ました。夢の中でも、原稿を書いたり、秘書に「これをやって」「さぁどこかへ行きましょう」と指示をしたりなど、仕事をしています。朝、目が覚めても息切れしているようです。 >>続きを読む

北海道胆振東部地震に残された宿題

 9月6日の午前3時ごろ、北海道胆振東部地震が起こりました。発生直後、当直のヘルパーさんが暗闇から現れて、ベッドに寝ている私を身体中を使って押さえてくださいました。何秒間かは(この地震、何度くらいかな?このマンションが崩れたらどうしよう)と考えましたが、徐々に揺れが緩やかになっていったので、(この地震は震度4か5かもしれない)と思いました。ヘルパーさんの身体は少し震えていました。私は「大丈夫大丈夫!そのうち止まるから、安心しましょう」と自分に言い聞かせるように言っていました。震える身体で私を助けようとしているヘルパーさんに感謝しました。

 地震が止まってすぐに、玄関のドアを開けておくことと、お風呂に水を入れておくことをヘルパーさんに頼みました。これは昔、母から習っていたからです。

 停電がいちばん大変でした。私も2日間停電で、夜が来るとちょっとイライラしていました。また、エレベーターが動かないので、どこにも行けませんでした。階段は車椅子で降りられる幅があるので、近いうちに警察と消防に電話をかけ、階段の上がり下りをやってみようと思います。そのようなことをやらないと、おんぶできない障がい者もいるので、シュミレーションは大切だと思います。警察と消防がどういうことを言ってくるかは、わかりませんが、何事もやってみなければ、わかりません。 >>続きを読む

あきれかえってしまった

 最近は毎日のように、障がい者雇用水増し問題が新聞を賑わせている。私はそれを知ったとき、(もう腹を立ててもしょうがない。時間がたてば皆忘れて同じことを繰り返すのだろう)と、心から冷たい血が流れてくるようであった。

 障がいがあっても働きたいと、私は常に考えてきた。学生の時、(大人になったら、なにかで働いて食べていかなければいけない)と思い、両親に頼んでカルチャースクールに通った。絵や習字や生け花、洋裁や編み物、と色々なところへ行って自分になにができるかを試してみた。中途半端にはできるが、周りの人たちから「足でよく描くね、えらいね。上手だわ」と言われても、私はやはり(足を使ってやるから褒められているだけなんだ。これではお金はもらえない)と思った。 >>続きを読む

誰でも働ける

 お盆の終わり、息子夫婦とお墓参りに行き、その後はお嫁さんの誕生日パーティーをおこなった。5月は息子の誕生日、6月は私の誕生日、8月はお嫁さんと続き、なにかかにか会う機会を見つけることができ楽しい思いだった。でも9月からはしばらく何もないので、息子に「来てくれ」とはなかなか言えなくなってしまう。息子夫婦は理学療法士と看護師で、忙しい毎日を送っている。(もうあまり声をかけられないな)と一人の自分がささやいている。しかし、これから寂しがっている暇はない。いちご通信の制作と、11月には大きな講演会を2つおこなわなくてはならない。頭が回りにくくなり、秘書の手は4本必要なくらいになってしまう。 >>続きを読む