ナビゲーションメニューへ

壊れる

    ブログのセリフが何度も頭に浮かぶけれど、忙しくて書く暇がありません。秘書の手が4本か6本欲しいなと思うときもあります。いちご会は小さな会ですが、やることが派手なのです。スタッフの人達を困らせています。大変申し訳なく思っています。

    ところで、私の家の電化製品が次々と壊れて、参っています。IHコンロ・電話・電子レンジ・ウォシュレット・・・、リビングにあるテレビも縦線が入り怪しくなりました。同じ歳の友達も「電化製品が壊れてきている」と言うので、長く生きているとそのようなサイクルがあるのだと思います。貯金通帳を見ると、ちょっとため息がでますが、それを買うことができる私は幸福だなと思います。我慢するものは我慢しなければいけませんが、生活を楽にしたいのであまり我慢はしないことにしました。トイレで使う台も作っていただき、壁にあった諸々の物を取っていただいたおかげで、便座にまっすぐ座っていられるようになりました。トイレの台を考えてくださった3人の男性たちに、感謝します。

    電話は機能が良すぎて、まだ使いこなせていません。環境制御装置とつなげて、足でリモコンを押しマンションの1階と5階の玄関ドアをスムーズに開けられるようになったことが、安心感を与えてくれました。もう次から次と物が壊れて、経費がかかることは辛いことですが、装置をつけてくださった皆さんがとても親切にしてくださって、気持ちを楽にしてくださいました。

    NTTの方も、たくさんある線の中から1本1本知恵の輪をとくようにほどいてくださり、なぜ電話がかけられないかの答えを出してくださいました。物腰の良いとても優しい方でした。「電話をかけられなくて困ったでしょう?今日はお金はいりませんから」とおっしゃってくださったのです。その方は見かけは普通のおじさんで、どこにでもいそうな人なのですが、話し方が柔らかくて心も優しくて、視線も良かったのです。結婚はもう結構ですが、あのような方とだったら一緒に暮らしても楽かなと、一目惚れしてしまいました。人間はやはり姿格好ではなく、心の柔らかさだと感じました。しかし、あのような人に愛されることはとても難しくて、私もあのような優しさを身につけなければ、口説くことはできないなと思いました。まぁその人には優しい奥さんがいるのでしょうがね(笑)。

    家にいてもいろんな人がやってきて、住み心地が良くなったことは嬉しいことです。あと何年働けるかはわかりませんが、年金と月給で楽に生きている自分が、とても幸せです。もしもアパートだったら、なかなかあちこち壁に穴を開けたり棒をつけたりすることが難しいでしょう。

    やはり私は、何度考えても、ケアは生きていくためだけの手助けではなく、自分の能力を伸ばし働ける手助けとなることが、大切ではないかと思います。私のような人を働かせるとお金がかかる、と思います。でも生きる自由があれば、休んだり楽しんだり働いたりするのが、人間の権利ではないかと思います。寝たきりの障害者も笑顔を振りまき、どこへでも出かけていくことが大切な仕事だと思います。

    今日の文章は、ちょっと冴えません。この辺にしておきます。あまりにもブログに書きたいことがあったのですが、頭に貯まりすぎて困っています。私の頭と心だけは壊さないようにいたします。

 心と頭が疲れたので、ヘルパーさんとそのご主人が、小樽へ連れて行ってくださいました。青い海を見て、心が休まりました。また来年も来れますようにと祈りました。心の疲れをとることが重要だと思いました。

小山内さん 申し訳ありません。

今回も、拝読しております。

コメントが、遅くなり
申し訳ありません。

もしかして、大変な状況では、ないかと
感じまして、、、

今の私が、最大限、できること。

知恵のない私が、

思いついたこと。

前々回の
樹木希林さんの
記事に、触発され

ツタナイ私の言葉なんかより

北海道地震を、
経験なさった小山内さんの
ブログを、一人でも
多くの方々に、
知って頂きたい!

本来なら、
小山内さんご自身に、
許可を、得た上で、
転載すべきでしたが、

きっと、許して下さると、
思い

私、人生初の
ツイッターを、はじめ

きっかけを、下さった
小山内さんの
言葉の説得力
ブログを、転載してしまいました。

本当に、本当に、
申し訳ありません。

小山内さん
ご家族の皆さん
いちご会の皆さん

くれぐれも、お身体ご自愛くださいませ。

遠い地より
応援しております。

こんな私でも、
何か、お役に立てることが、あれば、
おっしゃって下さい。