ナビゲーションメニューへ

波音くんの疑問は、希望

42年間、私は札幌いちご会のリーダーをおこなってきて、何人の秘書を雇ってきたのだろうか。顔は浮かぶが記録はないので、正確な人数はわからない。最初は北大の女性の学生さんがよく来てくださり、秘書のように働いてくださった。一緒にスウェーデンにも行ってきた。それぞれみんな私の秘書だった人は、福祉関係の仕事に就いてくださっている。頼もしいことだ。

約10年前、悪性リンパがんにかかった時に秘書をおこなってくださっていた女性は、今も毎年お子さんを連れて遊びに来てくれる。今年もお正月に来てくれて、話の中から若いお母さんたちの情報がわかり、楽しく過ごした。私が勝手に1番目の孫と思っている、彼女の息子さんは「波音(なおと)くん」という。まつげが長くておしゃべりが好きで、かわいくて食べちゃいたいくらいである。波音くんと色々話していると、突然あらたまって「小山内さん、ぼく聞きたいことがあるんだけど、いいかい?」と言った。「あぁ、波音くんから聞かれたことは何でも答えるよ」と私は言った。彼は最初、なにやら言いにくそうに体をもじもじさせていた。

「あのさぁ、ママはね、手も足も使えるママだけど、小山内さんから生まれた大地くんも、ママと同じでしょ?」と聞かれた。「あぁ、私に障がいがあるからかい?でも大地くんはママと同じだよ。色々な人がいるよね。私のように、生まれてくる時に障がいをもってしまう人もいるし、もたない人もいるんだよ。波音くんは元気がよくていいね」と言うと、波音くんはにっこり微笑み「わかった!」と言って、その話は終わった。波音くんはまだ5歳になったばかりである。5歳でそのような複雑なことを何気なく考えられるのかと思い、感動した。

子供は、本当はなんでもわかっているのかもしれない。そのようなことを聞こうとしても、親は「失礼だからダメ」と抑える人が多いだろう。波音くんのお母さんも、後からメールで「波音が失礼なことを言って、小山内さん、ごめんなさいね。子供ってしょうがないのよね」と書いてあったが、私は「違うよ。波音くんが率直な疑問を私にぶつけてくることは、真の教育じゃない?大切なことなんだよ。波音くんは一生、障がい者を差別しないよ。これからもたまに連れてきてね」と言うと、「小山内さんがそう言ってくださって、安心しました。子供の育て方は、子供を抑えないことよね。なんでも率直に疑問を聞くことよね」と返ってきた。

私は、これからも波音くんとたまに会って、なにか福祉の仕事をしてもらえないかと思っている。この子は感受性が豊かだから、なにかできると信じている。お正月から嬉しい希望がもてたような気がする。波音くん、ありがとうね。

 

オレンジ色の服を着たのが波音くんで、だっこしているのがママの祐未さんです。オレンジジュースとシュークリームを用意しておいたが、保育園と家では甘いものを食べさせないようにしているらしい。甘いオレンジジュースを急に吹き出し、「お茶か水がいい!」と言われた。「あらまぁ、じゃあ水ね」と急いで出すと、おいしそうに飲んでいた。シュークリームもあまりいけなかったらしく、せんべいが気に入ったようだった。来年はせんべいとウーロン茶でいいのかなと、とても楽しかった。