ナビゲーションメニューへ

私の韓国の家族です

 私の家族です!?こんなに家族がいると、いいですね。

 犬を抱いている人は、ヘルパーに来てくださっている雅紀さんです。彼女とは知り合ってから、もう20年くらい経ちます。ボランティアからヘルパーになってくださいました。一番右にいる男性は、雅紀さんのご主人のウルフさんです。とても日本語が上手です。雅紀さんと一緒に韓国へ行ったときに知り合って、結婚しました。何度会ってもおもしろい人です。

 ピンクの服の女性と、上に立っている男性が、ウルフさんの姉弟です。私の横にいるお姉さんは、来るたびに美しくなっています。この写真の前も、私にいろいろな機械を使って顔のマッサージをしてくださいました。

 立っている弟さんは、若くて輝いていたので、「かっこいいですね!ハンサムですね!」と褒めると、ウルフさんはちょっと面白くないような顔をしました。(これはいけない)と思い、「ウルフさんは男らしいのよ」と言うと、すぐに機嫌が良くなりました。男性は、いつも褒めないといけませんね。

 なにかお祭りごとがあると、ウルフさんも来てくださり、楽しい日を過ごせます。心が温かくなります。去年も、ウルフさんが運転をしてくださり、小樽に行ってきました。ボランティアを楽しくやってくださったので、助かりました。また行きたいです。

 こんな家族がたくさん増えることを、私は夢みています。