ナビゲーションメニューへ

雪が溶けました。二期目の市長に会いに行きましょう。

 

 4月18日はとてもあたたかい日でした。この日は札幌市の障がい福祉課から4人もの方が来てくださるので、はりきっていました。札幌介助研究会の人たちが集まり、いろいろなことについて討論をしました。私は、重度の障がいがある人が職場介助者の手により働ける制度を、ぜひ取り入れるように言いました。

 去年から『重度障がい者に必要な在宅介護の在り方検討会』を全6回おこない、報告書が出来上がりましたが、ちょっと足りない言葉もあるように思え、私としてはもう一度書き直したいくらいでした。「1日24時間の介助時間をください」ということは、年間2000万円の介護給付費がかかります。年間2000万円で1人の命が守られ、その人は安心して生きられます。

 しかし、介助とはなにかということを、最近私は考えています。してもらうことばかりを主張していると、障害のない人たちは、障害のある人たちの気持ちを理解できなくなってしまいます。「贅沢だ」とも言われるかもしれません。安心して生きることが贅沢なのでしょうか。365日どう生きるか、を訴えなければいけません。

 私は手も足も使えず、言葉だけしか出ません。しかしこうして、原稿は秘書の手によって書きます。いちご会の理事長だから、秘書をつけていただけているのであって、多くの障がい者は昼間黙って過ごし、トイレをガマンしながら家にいたり、就労支援事業所に行き、なにもすることもなくボーっとしていたりする人も多い。

 障害があるからこそ、社会貢献できることがたくさんあるのです。立って歩ける人と視線が違うのです。例えば、障害のない人がバリアフリーチェックをおこない、「あの建物は大丈夫だったよ」と言ったとします。しかしその人の言葉を信じて、車いすで行ってみると、階段があったり障がい者用トイレが無かったりするのです。ドアもなかなか重くて開かないこともあります。やはりバリアフリーチェックは、ヘルパーさんと障がい者が一緒に行ってこそ、成功すると思えます。障がい当事者の声を聞くことで、本当のバリアフリーチェックができるのです。

 検討会により、ヘルパー時間に非定型を導入するよう提案することになりましたが、市の福祉課の方達の話をよく聞いていると、財務課がどこまで予算を伸ばすか、札幌市長が介護問題にどれだけ力を注ぐのか、によって決まるというように、私には聞こえました。あの6回の会議はなんだったのか、という結果にならないように、私たちはもっと、市長に手紙を書いたり、会いに行って予算をどれぐらい伸ばそうとしているのかを聞きに行ったりしなければならないと思います。そんなことをしても無駄じゃないか、という考えをする人もいるかもしれませんが、これからの私たちの命がかかっているのです。

 話し合いと戦いは、新たな幕開けです。障がい者の皆さん、ぜひ札幌介助研究会に来てください。本音を語り合い、行政にぶつけていかなければなりません。

 札幌市障がい福祉課から、4人もの職員の方が来てくださいました。係長は2人になりました。新しい係長の方は以前、固定資産税のことをおこなっていたと聞き、税金がどう動いているのか、札幌市の福祉予算はどこまで伸びていくのか、などの話を聞いてみたかったです。またお会いできると思います。

 いくら夢を言っても、福祉を良くするためには税金が必要なのです。でも、重い障がいをもっている人でも、働いて税金を払う方法はあります。なので、福祉予算を上げることを躊躇しないでほしいです。